MCUExpressoをインストールする

NXPのマイコンボードでは、MCUExpressoという開発環境が用意されています。

この記事は、MCUExpressoのインストールをして、簡単なサンプルコードでLチカを実行するまでの作業手順をまとめてます。

Codeworrier 、Kinetis Design studio、LPCExpressoなど、freescaleとNXPの統合のせいで、結構IDEが乱立してますが、これから、NXP製のマイコンを開発するなら、MCUExpressoの一択だと思います。

MCUExpressoのインストール手順

インストールは下のサイトから。記事を書いた時点だとver11.2.0が最新でした。

MCUXpresso Integrated Development Environment (IDE)

Easy-to-use software development tools for Kinetis, LPC, i.MX controllers based on Arm Cortex-M cores – GNU, Eclipse, profiling, debugger, trace

上のリンクにJumpすると下のような画面にくるので、右横のDownloadをクリックします。

ログイン画面がでます。初めての場合はアカウント登録をする必要があります。

一番下のRegister Nowをクリック。

個人情報を入力するフォームが出てくるので、適当に入力してから、一番下にあるRegisterボタンを押して登録します。登録後、フォームに入力したメールアドレスにverifyしてくださいメールが届くので、メールに貼られているリンクをクリックして、verifyしときます。

これでユーザ登録は完了です。上のサインイン画面に再度いき、登録したユーザ名でサインインします。すると、こんな画面がでるので、リストにあるversion 11.2.0をクリック。

下の画面はI agreeで先にすすみます。

使用しているOSに合わせて、インストーラをダウンロードします。今回はWindowの例で説明してきますので、Windows版をダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラをクリックして、インストールを開始します。基本、迷うような箇所はなく、Next連打でOKでした。

インストール手順はこれだけです。

早速、MCUExpressoを起動してみます。初回起動はWorkspaceフォルダの設定が求められます。Workspaceフォルダとは、作成するプロジェクトを保存する作業フォルダのことで、好きなフォルダを指定します。

Launchボタンを押すと、IDEが起動します。

スタートアップ画面が下のように出てきます。

サンプルコードをインポートします。Download and Install SDKsをクリックします。すると、下の画面が出てきますので。右側にあるFilterのテキストボックスに持っているマイコンボード名を入力します。

今回はFRDM-K64Fでサンプルを実行したいと思います。

テキストボックスにfrdmk64fと入力します。

該当するボードが一覧ででてくるので、frdmk64fを選択して、Installボタンを押します。Liscense agreement画面でacceptをチェックして、Finishを押します。

メインページを確認すると、下側のInstalled SDKsのタブにSDK_2.x_FRDM-K64とあり、正しくSDKがインストールされています。

SDKというのは各ボード用に用意されたサンプルキットのようなもので、ここから、ボードで実現したい機能に合わせて、サンプルコードをインポートしていきます。

左側のImport SDK examplesをクリックすると、import wizardというのが表示されます。frdmk64fを選択して、Nextを押します。

すると、サンプルコードがツリー状に表示されます。このサンプルコードの内容はかなり充実しているので、だいたいやりたい内容に近いコードを選んで、それをベースに修正を加えていくというのが、リーズナブルな方法ですかね。

今回は、Lチカが目標だったので、demo_apps下のled_blinkyにチェックをいれて、Finishを押します。

下のように空だった、プロジェクトエクスプローラーにLチカ用のプロジェクトが読まれました。

sourceフォルダの下にあるled_blinky.cというのが、メインコードになっていて、下のようなメイン関数が書かれています。どうも1000msec間隔でチカチカするコードのようです。

int main(void)
{
    /* Board pin init */
    BOARD_InitPins();
    BOARD_InitBootClocks();

    /* Set systick reload value to generate 1ms interrupt */
    if (SysTick_Config(SystemCoreClock / 1000U))
    {
        while (1)
        {
        }
    }

    while (1)
    {
        /* Delay 1000 ms */
        SysTick_DelayTicks(1000U);
        GPIO_PortToggle(BOARD_LED_GPIO, 1u << BOARD_LED_GPIO_PIN);
    }
}

特に何も変更しないで、プログラムを実行してみます。FRDM-K64FをPCにつないだ状態で、左下の黄金虫っぽいアイコンのDebugをクリックします。

プログラムが正常にdownloadされたら、下のように実行待ちの状態になるので、再生ボタンを押すと、プログラムが始まります。

下が動作例です。SDカードリーダの横のLEDが赤色に点滅しました。簡単ですね。

これで作業はおしまいですが、今気づきました。MCUExpressoではなくてMCUXpressoであると。すいません、ずっと間違えてました。l

ばんざい。MCUXpresso。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です