buck boost converter S9V11F5を使ってみた

バッテリでマイコンを駆動したい場合ってありますが、バッテリ電圧がマイコン電源としては、高すぎたり、逆に放電がすすみ、バッテリ電圧がマイコン電源より低くなったりする場合、電源供給を安定化させるために、よく使われるのがステップアップ・ステップダウンレギュレータというものです。スイッチングレギュレータやバックブーストコンバータともいいます。

今回は、リチウムイオン電池(3.7V)からDCモータ駆動用のドライバを使うのに5Vに昇圧する必要があったので、購入してみました。

Pololuという会社のS9V11F5という製品です。価格は780円ぐらい。

Pololu…名前とロゴがださい。

How to Say Pololu!

The name Pololu is simple, but over the years, we’ve noticed some customers mispronouncing our name or hesitating to say it. And if you can’t say our name, …

サイズはちっちゃいです。7.6mm×11.4mm。

VOUTとシルク印刷されているところが、出力で5Vがでます。精度は-3%~+5%だそう。真ん中のピンがGNDで、下が入力です。

入力は2V~16Vで、電流は1.5A程度まで流せるそうです。変換効率は85%以上と書いてました。効率は(出力電力)/(入力電力)×100%で計算されます。

スイッチングレギュレータですが、原理的には、下のように二つのSWをON・OFFすることで、出力電圧をコントロールしています。

スイッチングレギュレータの模式図

このS9V11F5のようなスイッチングレギュレータは、一般的に三端子レギュレータなどのリニアレギュレータと呼ばれる電圧のレギュレート方式よりも効率が高い傾向にあり、発熱も抑えられるというメリットがあります。

また、リニアレギュレータは降圧はできますが、昇圧はできませんので、マイコンの電源用のレギュレータとしては、今回扱ったスイッチングレギュレータがおすすめです。

その代わりお値段はちょっと高めです。

下のような感じで、入力電圧が変わっていっても、5Vがちゃんとでるかみてみました。

ちゃんとでてました。スイッチングノイズなどはオシロでみないとわかりませんが..一応は機能してそうですね。

今回使用したチップはいくつかラインナップがあり、ESPやFRDM-K64F用に3.3V出力のタイプもありましたので、使いたいマイコンに合わせて、購入しましょう。

ちなみに自分はこれをつかって、バイクのバッテリ12Vにつなげて、給電しようとしたんですが、電源ONのタイミングで燃えました。突入電流で、ICを破壊したっぽいです。なので、高い電圧を使う時は、ダイオードかコンデンサを入れましょう。

ポロルばんざい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です