ロジックアナライザLA1010を使ってみた

UARTの信号の動作確認をしたいため、LA1010という中華製のロジックアナライザを購入して使ってみました。 

Kingst LA1010

仕様にもよるが、一番廉価なやつで、だいたい9000円ぐらい

Kingst Electronics (qdkingst.com)

スペック

主な仕様は以下です。

Channel Number : 16CH
Max Sampling Rate : 100M@3CH, 50M@6CH,32M@9CH, 16M@16CH
Fastest Digital Signal : 20MHz
Min Pulse Width : 20ns
Max Sampling Rate : 10G Sa/s
Threshold Voltages : -4V ~ +4V
Input voltage range : -50 ~ +50 V
Input impedance : 220 KΩ, 12 pF
PWM channels : 2CH
PWM frequency range : 0.1 ~ 10 MHz
PWM frequency adjust step : 10 ns
PWM output voltage : +3.3 V
PWM output impedance : 50 Ω
Standby current : 100 mA
Dimensions : 95 x 55 x 23 mm

また、計測した信号を以下の通信プロトコルでそれぞれデコードが可能です。 

UART/RS-232/485
I2C
SPI
CAN
DMX512
HDMI CEC
I2S/PCM
JTAG
LIN
Manchester
Modbus
1-Wire
UNI/O
SDIO
SMBus
USB1.1
PS/2
NEC InfraRed
Parallel

これだけの機能があって価格は約¥9000という安価さ。

本当に使用できるのかと心配でしたが、実際に使用してみると簡単にUARTの信号を検証できました。

気軽に信号をデコードして、PCで解析したいよって人向けですね。

使用例

最大16ch同時計測が可能です。また、2chのPWM信号(3.3V出力)も出力可能です。

計測データをデコードできます。

CAN

UART

SPI

I2C

また、2chのPWM信号(3.3V出力)を任意の周波数、Duty比で設定して出力することが可能です。

PWM出力の設定画面、周波数とDUTYをきめる

出力ピンをモータドライバにつなげば、プログラム不要でモータを動かせます。購入したモータの初期動作の確認には便利です。

使用するまでの手順

実際に使用した時の手順をまとめておきます。

①ドライバ、ソフトウェアインストール

付属のCDを使ってロジックアナライザLA1010のドライバとアナライザソフトウェアのインストールを行います。付属のCDにKingstVIS_v3.4.2_Windows.exeがあるので、ダブルクリックして立ち上げて手順に沿ってインストールしてください。

以下のURLからもインストーラがダウンロードできます。ロジックアナライザLA1010(Kingst社)のサイトは、英語、中国語で表示されます。

http://www.qdkingst.com/cn/download/vis

②ロジックアナライザソフト起動

インストールが完了するとデスクトップ上に”Kingst VIS”のアイコンができるので、それをクリックしてロジックアナライザソフトを起動します。以下の様に表示されます。

LA1010本体をPCに接続していない場合、”▶”アイコンが黄色で表示されているので、クリックするとデモデータが以下の様に表示されます。

③各チャンネルの設定手順

各チャンネルの設定手順を説明します。

最初にモデルの設定を行います。
”LA1010”をクリックすると以下のモデル選択ウィンドウ”Model Select”が表示されます。
モデルはLA1010になるので”LA1010 – 100MHz,16ch”を選択します。 

次に隣の歯車のアイコン”Device Options”をクリックします。すると、チャンネル設定のウィンドウ”Device Options”が表示されます。
今回は、3チャンネル計測するので”CH0~2(Maximum sample rate is 100MHz))”を選択します。
“OK”をクリックして閉じます。

次に計測のメモリサイズ”Sample Depth (Samples per Acquisition)”とサンプリング周波数”Sample rate (Samples per second)”を設定します。それぞれ、”10MSa”、”10MHz”を設定します。計測時間は1秒になります。計測内容に合わせて変更してください。

以下の様に3CH / 10Msa / 10MHzで表示されます。引き続き、計測の設定を説明します。
例としてUARTの信号を測定します。

UARTは、
信号:3.3Vレベル
スピード : 921600bps
データ : 8bit
パリティ : none
ストップビット : 1bit
フロー制御 : 有り (RTS/CTS) 
の設定で使用します。

UARTの信号は以下チャンネルで計測します。
0CH : UART_RX
1CH : UART_TX
2CH : UART_CTS
以下の様にアナライザに信号名を登録できます。分かり易いので登録しましょう。

次に信号検出のしきい値を設定します。
I/O Standardををクリックします。
計測するUARTは3.3Vレベルなので、3.3V CMOSを選択します。

④信号の計測

測定準備ができたので、測定対象にそれぞれのプローブを接続します。

“▶”アイコンをクリックして信号を計測します。以下の信号が計測出来ました。

チャンネルの歯車のアイコンをクリックして”Use color for Waveform”を選択すると、波形がカラー表示されます。

⑤信号のデコード手順

次に測定したデータをデコードしてみます。
右側の”Analyzers”の+アイコンをクリックして””UART/RS232/485″を選択します。

0CH : UART_RX のUARTを以下の様に設定します。

同様に1CH : UART_TX も以下の様に設定します。

0CH : UART_RX と 1CH : UART_TX のUART信号がデコードされました。

“Decoded Results”でデコード結果を検索することが出来ます。

以上になります。自分は携帯できるサイズのデジアナとしては、Analog discovery 2とこのLA1010を持っていますが、デジアナの機能に限っていえば、LA1010で十分です。ソフトの使い勝手も癖がなくて、分かりやすいので、おすすめです。

LA1010🙌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です